新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

ホーム > Web健康百選 患者さんからの体験談 > 鎮痛剤を全廃でき、スイスイ歩けるようになった

Web健康百選 患者さんからの体験談

鎮痛剤を全廃でき、スイスイ歩けるようになった
頚椎専門医より「鎮痛剤を処方するが並行して何等かの手入れが必要」と言われ、家族と相談の結果、「根本的な治療を受けない限り、先々、年齢と共に更に辛くなるのでは?」と強く薦められたのが当センターだった。
頚椎脊柱管狭窄と頚椎変形症(所謂トゲ)に起因する左肩から左腕にかけての強い痛み。
整形外科から許容量いっぱいの鎮痛剤投与を受けていたが痛みの抑制はままならず、当センターを最初に受診した時は、歩くこと(頭を持ち上げる)が辛かった。約1ヶ月治療を受けた現在、多量の鎮痛剤を全廃出来たばかりか、痛みは95%解消、背中を伸ばしてスイスイ歩けるようになった。通常の生活に戻っている。これからが更に楽しみ。
家族的でていねいな対応。自分が今、何に困っているかをその都度訴えることにより、即応した治療が受けられることは、患者として、一番の不安解消。
“痛みというものは、体の歪みから来ている”ということが体験的に納得できた。対症療法である痛み止め薬は胃腸を傷めるばかりではなく根本的な治療にはつながらない。結局は、骨格の矯正こそが痛み解消の近道であることを知った。
一覧に戻る 2014年6月 (東京都)

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG