新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

ホーム > 3D診断臨床例 > 臨床例6

3D診断臨床例

若林憲人君  13歳小学生
頚部痛・脊柱側弯症
ある日、首が突然左に曲がらなくなり、親御さんと一緒に来院された。お母さん曰く「憲人は、このところサッカーに夢中になって無理し過ぎたのではないかと思いますよ」ということであった。
元々脊柱側湾症が強く出ていたお子さんであったが、治療でかなり回復していた矢先の負傷であった。

検査の結果、体全体が右に側弯していたが、頚椎は逆に右側にずれていた。また腰椎もサッカーで無理したのか左側に傾いていた。その状態が3D (Three Dimensionsk※)検査でも図のように体の正中線(後頭部中心点・両肩の中心点・骨盤の中心点を垂直に通る線)からズレていたことが分かった。そのために頚部の痛みが強く出たのではないかと推測される。全体的には、体の筋肉の緊張が著しく認められた。

5日間の集中治療で骨盤と脊柱を治療して安定を図ったところ、頚椎部の筋肉群が緩みだして、頚部の椎骨のゆがみをアジャスト(調整)することができた。
本人は初めは少し痛がったが治療後はすっかり良くなり、痛みをあまり訴えなくなった。3日で痛みが消失し、2日で筋肉の緊張もなくなった。後は、間隔をあけて2度チェックして終了した。成長期は、早めの治療をすると大人と違い治りが早いことが実証された臨床例である。
3D診断臨床例 3D診断臨床例 3D診断臨床例 3D診断臨床例
※3Dとは
3次元コンピューターグラフィック(3DCG)で患者さんの姿勢を立体像に作成して、身体の筋・骨格系を読影が可能にした最近の分析器

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG