新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

ホーム > 3D診断臨床例 > 臨床例1

3D診断臨床例

吉田美智子(仮名・68歳)様  主婦
顎関節症、腰痛
数年前に酷い顎関節症になりまだ顎がカクンカクンし口を大きくあけた時、左に傾いたあけ方でした。そんな時、信頼できお世話になっているくろさき歯科からの紹介で、当センターに来院された。
視度分析及び触診した結果、骨盤の湾曲から体の中心線(正中線)がかなりズレていることが分かった。さらに3D(3次元コンピューターグラフィック)で検査したところ、体の正中線(後頭部中心点・両肩の中心点・骨盤の中心点を垂直に通る線)がかなりずれており、頭部の左傾斜及び頸椎の湾曲が認められた。下肢の0脚がかなり強く表れていた。

5日間骨盤の調整を行って脊柱に付着する硬膜の緊張を弛緩さしたところ、頭蓋骨全体に付く硬膜が同じように緊張が取れて顎関節の硬さが軽減してきた。口の開け方もスムーズになり、痛みも徐々に消失してきた。その後、週3回、2回、1回と間隔をあけて治療を行ったところ腰痛はもちろん体の違和感もほとんどよくなり完治した。
基本をしっかり治せば、身体全体の機能が安定してくることが改めて認識した症例である。
3D診断臨床例 3D診断臨床例 3D診断臨床例 3D診断臨床例
※3Dとは
3次元コンピューターグラフィック(3DCG)で患者さんの姿勢を立体像に作成して、身体の筋・骨格系を読影が可能にした最近の分析器

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG