新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

ホーム > 3D診断臨床例 > 臨床例1

3D診断臨床例

福田恵子(36歳)様  会社員
顎関節障害・頸肩症候群
何年も前より睡眠中歯をくいしばることが多くあり、顎が痛くなった。そのうち首・肩が張るようになって頭痛や吐き気、肩こり、めまいが強く現れてきた。医療機関に行って調べるとメニエール病と診断された。そこで薬物や漢方薬を飲み続けたが、一向に良くならず当センターに来院された。
検査の結果、身体のバランスが崩れ、すべて右下がり(耳・肩・骨盤線)の姿勢を呈していた。3D((three dimensions※)でも図のように体の正中線(後頭部中心点・両肩の中心点・骨盤の中心点を垂直に通る線)がずれていた。特に頭部が軸転し頸椎のゆがみが強く出ていることが分かった。
5日連続の治療で骨盤の調整を行って脊柱の中心(正中線)の歪みを治していったところ、脊椎に付着する硬膜が弛緩して、骨格・筋肉系がよくなり、神経 系・内分泌系(ホルモン)が活発に働きだして、身体の異常がすっかり良くなり、いままで悩んでおられた顎関節や頸部痛及び腰痛がすっかり消失した。その後、間隔をあけながら6回治療し回復した。
今は健康管理で月1回拝見している。
過去に異常を起こしたものや慢性疾患でも基本からしっかり治療すればよくなった実例である。(掲載について本人の了解済)
3D診断臨床例 3D診断臨床例 3D診断臨床例
※3Dとは
3次元コンピューターグラフィック(3DCG)で患者さんの姿勢を立体像に作成して、身D体の筋・骨格系を読影が可能にした最近の分析器

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG