新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

ホーム > 部位別・症状別 カイロプラクティック治療 > ロコモティブシンドロームのための治療

部位別・症状別 カイロプラクティック治療

 
ロコモティブシンドロームのための治療

先進国の中でも我が国は他の国々よりいち早く超高齢化社会をむかえ、それに伴い様々な問題が現われてきています。特に、介護を必要とする人が急増しているのに対し、その受け皿はまだまだ不十分な状態です。そこで介護サービスを受ける前の家庭での対策が急務であると考えられ始めました。

要介護となる原因としては脳血管障害や認知症と並んで運動器障害が最も多く、これらの認識を高めるための医療界から新しい考えが導入されました。それが「ロコモティブシンドローム(運動器症候群、ロコモ)」です。ロコモティブシンドロームは認知症や脳血管障害の原因となるメタボリックシンドロームに対して、運動器障害の原因になるものとして提唱された新しい概念で、運動器障害による要介護や要介護リスクの高い状態を言います。

また、ロコモティブシンドローム対策は認知症対策、メタボリックシンドローム体策にも通じており、これらは切り離すことの出来ない関係にありその重要性が高まって来ました。

カイロプラクティックはこのロコモティブシンドロームに大変効果的な医療です。それぞれの症候に適切な治療法があり、当センターでは決め細やかな検査・診断に基づき治療を行います。

腰部脊柱管狭窄症
変形性関節症
骨粗鬆症と脊椎圧迫骨折
脊柱変形(脊柱後弯・側弯)
易転倒性
下肢骨折
脊髄障害
神経・筋疾患
関節リウマチ
下肢切断
長期臥床による廃用症候群

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG