新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

部位別・症状別 カイロプラクティック治療

脊柱変形(脊柱後弯・側弯)  〜背中が丸まって上が向けなくなる〜

運動器の問題の中には脊柱の変形の為に、日常の動作に支障が出るものがあります。脊柱は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎に仙骨と尾骨という小さい骨が連なって形成されています。本来であれば脊柱を前方や後方から見た時には、そのラインは直線を描き、側方から見た時には頸椎と腰椎のところで緩やかな前方へのカーブ、胸椎と仙骨・尾骨のところでは緩やかな後方へのカーブを描きます。脊柱変形はこの正常なカーブを崩してしまうことで運動器障害を起こすものです。例を挙げると円背と言われる脊柱が後方に大きく凸を作る変形や、左右に凸を作る側弯症などがあります。

円背(脊柱後弯症)が進行すると身体が常に前屈みの状態になります。顔は常に下を向く形になるために、上を向くことができなくなります。上方への視野が狭くなることで運動への障害となります。またその障害は運動器にとどまらず、内臓が圧迫される為に消化器の不具合も引き起こします。

側弯症とは脊柱が左右に弯曲することです。本来、まっすぐであれば左右のバランスは整っていますが、脊柱が側弯することによって脊柱を支える左右の筋肉の仕事量に差が生じます。側弯が進行すると腰痛は悪化し、体幹のバランスも悪くなり、日常生活に支障を生じます。

治療

円背(脊柱後弯症)は腰椎の圧迫骨折のために進行します。加齢に伴い、椎体部分の強度は年々落ちてきます。するとくしゃみなどちょっとした衝撃でも椎体はつぶれることがあります。腰椎の椎体がつぶれることで、前弯を形成していなければならない腰椎が後弯に変形してしまいます。問題は一度後弯が始まると、その症状は進行していくことです。腰椎が後弯すると重心が前方に移動します。するとますます椎体への負担が高まり、上下の椎体の圧迫骨折を誘発していきます。カイロプラクティックでは椎体の強度が落ちていることを考慮しつつ安全な方法で、前方に移動した重心を後方に戻します。その結果、圧迫骨折の連鎖を防ぎます。

また、側弯症の治療では左右への歪みだけでなく脊柱のねじれも考慮しながら、弯曲を打ち消す方向に調整します。歪みを小さくすることで症状の軽減を図ります。また、弯曲を修正する為の体操法を指導し、長期的にその体操を続けてもらうことで、側弯の進行を食い止めていきます。

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG