新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

部位別・症状別 カイロプラクティック治療

味覚障害 〜薬の副作用で味覚を狂わせる〜

私たちは唾液に溶けた物質が舌や口の中にある味蕾(みらい)という味を感じる受容器と接触し、神経を介して脳に伝わり味覚を認識しています。味覚には甘味、塩味、酸味、苦味の4種類あり、それぞれ舌で味を感じる場所は異なります。
味覚障害は何らかの原因でこのシステムに障害が起こり、いつもと同じ物を食べても何か味が変だと思ったり、突然味を感じなくなったりしてしまいます。
味覚障害になる原因は亜鉛欠乏、神経障害、風味障害、味蕾への障害などが挙げられます。 中でも亜鉛欠乏は一番多く薬の副作用、腎臓機能障害、食事量の減少などが原因といわれています。70歳以上では3人に1人位の割合で薬剤による味覚障害があると言われており年齢とともに薬を服用する機会が増えているからだと考えられます。
また、歳を重ねるにつれ唾液分泌と味蕾の減少も原因に含まれるようになります。

治療

味覚障害は薬の副作用が原因で起こるケースが多いので、出来るだけ薬を必要としない自然な形での健康づくりを目指します。その為に自律神経・ホルモン系の調節を行ない、内臓機能低下が原因で起こる疾患を防いでいきます。さらに筋骨格系に対して調節を行うことにより動作をスムーズにさせて、日常の活動量を増やして食欲増進を図ります。また一番の原因である亜鉛欠乏にならないよう食事指導も行っていきます。

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG