新宿・吉祥寺/中島カイロプラクティックセンター/肩こり・腰痛・生理痛・神経痛

中島カイロプラクティックセンター 新宿/吉祥寺


新宿臨床センター 03-3320-3535平日 9:30〜13:00 14:30〜19:00土曜 9:30〜15:00 ※日曜・祝日休診 吉祥寺センター 0422-43-8353平日 9:00〜12:30 14:00〜18:00土曜 9:00〜16:30 ※日曜・祝日休診
診療時間・予約案内

部位別・症状別 カイロプラクティック治療

不整脈  〜脈が落ち着かない姿勢が悪いは危険信号〜

血流の調整は自律神経によって行われます。通常は規則正しいリズムに保たれていますが、運動時など全身に酸素を送る必要があるときには、交感神経が働き心拍数を上げて血流を増やすようコントロールします。逆に、体を休めるときには副交感神経が働き心拍数を下げます。このように自律神経がバランスをとり心拍数を1分間に50〜100回程度にコントロールしています。ところが、心臓の病気や薬の影響に加えて疲労やストレスなどで、この自律神経によるコントロールがうまくいかない、心拍のリズムが狂うことを不整脈といいます。
シニア期の方の不整脈で多いのは心房細動によるものです。心房が1分間に450回から600回不規則に興奮するので、脈がバラバラになる症状です。直接、命に関わることはありませんが、心臓の中に血の塊ができて脳梗塞を引き起こすことがありますので、特に注意が必要です。

治療

心臓の動きをコントロールしているのは自律神経の働きです。カイロプラクティックでは直接神経に対して刺激を与えることで自律神経のバランスを整え、不整脈の改善を目指します。また、心臓から出てきた腹大動脈が、腹部の横隔膜という大きな筋肉を通過しています。姿勢の歪みのために横隔膜を通過する血管が圧迫され、動悸や不整脈を誘発することがあります。カイロプラクティックの治療で全身の骨格の調整することで、こうした症状を予防・改善していきます。

アルバイト急募

急募
スタッフ募集

パブリシティー

●血液型ダイエット
重版(増刷)
しました
詳細はこちら

●タイ語版
発刊しました
詳細はこちら

YouTube Dr.中島チャンネル

関連サイトのご案内
中島旻保の大人の絵日記Dr.中島 回想録健康情報サイト nmnMJダイエットStaff BLOG